小部数・短納期のオンデマンド印刷をワンストップで迅速に対応します

おてがるデザイン
自動お見積り

お支払い方法について

クレジット決済、代⾦引換、銀⾏振込、法⼈売掛決済に対応しております。

お支払い方法について

テクニカルガイド

  • HOME
  • テクニカルガイド

注意事項とお願い

  • オンデマンド印刷は「トナー⽅式」です。オフセット印刷とは印刷⽅式が異なる為、同⼀データから印刷しても⾊、濃さなど同⼀の仕上がりにはなりません。
  • ⼀枚ごとの印刷位置が微妙にズレが⽣じる為、仕上がりラインギリギリのレイアウトなどの精密なデザインには向いておりません。
  • 微妙なアミ濃度の違いの再現や、中間⾊(薄い⾊)は苦⼿です。
  • 両⾯印刷では表裏での位置合わせで誤差がでます。多少ズレても問題ないデータをお作りください。
  • ⾯積の⼤きいベタや平網は少々ムラになりやすくなります。(機械の特性上、平網やグラデーションが苦⼿で、ある程度ムラが出ます。広い範囲のベタ塗りもムラになる可能性が⾼いのでこういったデザインは避けるようにして下さい。)
  • トナー(⾊)をオイルによって定着させているので濃いベタはオイルスジが出る場合がございます。
  • 特⾊は出⼒できません。TOYO、DIC、PANTONE など使⽤された場合、最終的に4 ⾊(プロセスカラー)分解されてしまいますので、1⾊扱いになりません。
  • カスタムカラーを使ってベタや細い縦線を作成されても、イメージ通りに出⼒結果が得られない場合はあります。ご了承ください。
  • ⽩抜き⽂字はきれいに出⼒されない可能性があります。エッジの細いフォント(細明朝・中ゴシックなど)を⽩抜きにした場合は、極端に⼩さい⽂字サイズですと、きれいに抜けない場合があります。
  • オンデマンド印刷の場合、原則的に印刷予備はつきません。予備が必要な場合、予備枚数を含めた部数でご注⽂ください。
  • オフセット印刷やカラーコピーと、⾊の仕上がりが異なります。何卒ご了承ください。モニターで⾒える⾊は「光」で表現されている為、実際の印刷結果とはかなり異なり、また天候や印刷の時期、⽤紙の違いによっても多少異なります。
  • 再印刷の場合であっても、同じデータであっても前回の⾊合いと微妙に誤差が⽣じる可能性があります。
  • 紙原稿の場合、同じ⾊合いが出ない場合や⽂字の潰れなど劣化した印刷になる場合がございます。ご了承ください。

PDF⼊稿注意点

  • PDF-X1a、PDF-X4形式もしくは⾼品質印刷の⼊稿が理想です。フォントはすべて埋め込んでおいて下さい。カラーモードがRGBの場合、印刷時にCMYKに変換されるため⾊が変わります。ご了承下さい。
  • 画像データがある場合は、250dpi以上の解像度を指定してください。
  • 冊⼦(ペラ物以外すべて)の場合、PDFファイルはページ順に結合して、1ファイルにしてください。(無線綴じ製本は表紙と本⽂を分けて結合してください。中綴じ製本は表紙の⽤紙が異なる場合は表紙と本⽂を分けて結合してください。)
  • ⽩ページが⼊る場合は、⽩紙のページも挿⼊してください。
  • PDF でグレー(モノクロ)データは、必ずグレーモードで変換して下さい。

illustrator⼊稿注意点

  • データの仕上げサイズを確認して下さい。(印刷するサイズで作成をお願いいたします。また、両⾯印刷の場合は必ず同じサイズで作成してください。)
  • ドキュメントの枠は必ず付けて下さい。
  • 書類のカラーモードはCMYK で作成してください。
  • アートボードを表⽰して下さい。
  • グリッドを表⽰しないで下さい。
  • レイヤーは必ず統合して下さい。
  • ロックはすべて解除して下さい。
  • イラストレーターでトンボを作成される場合は、トリムエリアではなくトリムマークで作成して下さい。(CMYK各100%で線のポイントは0.3ポイント)なお、折りトンボがある場合は正確につけて下さい。
  • イラストレータの⽂字は必ずアウトライン化して下さい。
  • (当社に無いフォントは出⼒されません。)フォント検索で確認をしてから⼊稿してください。
  • 画像は必ず埋め込んでください。
  • ブレンドやエンベロープ等を使⽤した場合は必ず拡張をかけて下さい。
  • 塗り⾜し(ドブ)を必ず作成して下さい。(塗り⾜しは3ミリ以上付けてください)
  • オーバープリントの設定はしないで下さい。
  • 各塗りの⾊はCMYKで作成してください。(RGBで作られた場合は、指定通りの⾊で出⼒されません。)スウォッチカラーや特⾊は使⽤しないでください。
  • 透明や効果などを使⽤した場合はアピアランスをかけて下さい。
  • フレアツールを使⽤した場合は拡張を必ずして下さい。
  • マスク作業を必要なデータは必ずマスクをかけて下さい。
  • 不要なデータは消して下さい。
  • イラストレーターの保存形式はイラストレーターEPS で保存して下さい。
  • はがきやチラシ等で縦型と横型の印刷の場合は天地の指⽰を必ずお願いします。

Microsoft Office⼊稿注意点

  • ExcelやWordなどMicrosoft Officeは、印刷専⽤ソフトではないためRGBカラーでデータが作成されています。当社にてカラーモードをRGBからCMYKに変換する際、⾊⽬が⼤きく変わる場合があります。また、カラーモードの変換の際、⾚みの⾊⽬が強く表現される傾向がございます。ご了承下さい。
  • Microsoft Office(Word・Excel・PowerPoint・Publisher)では、フリーフォントや廉価版(バンドル版) のフォントをご使⽤いただくと、予期せぬトラブルの原因となります。システムフォントや広く⼀般的に市販されているフォント(モリサワフォントやダイナフォントなど) でデータを作成いただくことを推奨します。
  • 8ptより⼩さい⽂字サイズをご使⽤される場合、⽂字の⼀部が⽋ける場合があります。ご留意下さいませ。(特に明朝フォントで⽋けやすい傾向があります。明朝フォント・ゴシックフォントともに8pt以上をご使⽤いただくことを推奨します。)
  • パターンの効果をご使⽤される場合、実際の印刷物ではパターンが画⾯上より細かくなる場合があります。ご使⽤の際は予めご了承いただきますようお願いいたします。
  • 透過性をご使⽤された場合、実際の印刷物では下図のように網⽬模様になる場合がございますので、透過性はご使⽤にならないようお願いたします。
    透過性あり透過性あり
    透過性なし透過性なし
  • Officeソフトでは便利に画像及び図形等に影・ぼかし・透かしの効果をつける事が可能です。しかし、これらの効果は印刷には不適切な効果となっており、上記の設定を⾏うと意図しない仕上がりになる場合がございますので、「影・ぼかし・透かし」の効果の設定は⾏わないようにお願いいたします。
  • Officeソフトでは便利で簡単にキレイな⽂字をワードアートにて作成する事が可能です。しかし、これらの効果は印刷には不適切な効果となっており、上記の設定を⾏うと意図しない仕上がりになる場合がございますので、「ワードアート」はご使⽤されないようにお願いいたします。

※上記に記載されてるOfficeの機能についてご使⽤されている場合は印刷結果にご了承をいただいているものとして進めさせていただきます。

ご⼊稿された原稿の不備について

作業⼯程中にお客様の原稿の不備に気づいた場合には極⼒ご連絡させていただきますが、原則としては原稿の内容に関することは作業上のチェック対象とはいたしておりませんので、不備のまま作業が進む場合があります。
また、原稿差し替えによる追加費⽤の発⽣及び原稿不備による品物の不出来の発送につきまして、当社は責任を負いかねますので原稿を前もってよくご確認の上ご⼊稿くださいますようよろしくお願いします。

価格について

プライスリストに掲載している商品は全て税抜き価格です。⼊⾦時には必ず、課税分8%(平成28年現在)をかけた価格にてお願いします。ただし、はがき印刷のはがき代は⾮課税になります。

確認事項

  • バックアップは必ずお取りください。もし何らかの原因によりデータが損傷または破壊された場合に、その件を含めたいかなる損害に対しても当社は責任を負いかねます。
  • 当社が印刷した製品に関し、⾊・その他お客様のデータに相違する事由による不都合については責任を持ちません。
  • 当社では、⽇々の制作予定数量に達した時点で納期の延期を申し出する場合があります。
  • 社会通念上不適当と思われるデータの出⼒・印刷についてはお断りすることがあります。